生活する上でのお金の話

友人からお金を借りたこと


数ヶ月前に友人からお金を借りたことがあります。その時には、キャッシング会社からも借り入れをしており、借りるあてがなかったので友人にお願いしたのです。そのお金の返済期限を出来るだけ遅らせて欲しいともお願いしました。

そのような融通が利くのは友人しかいなくいのです。かなり厳しい内容でしたが、どうにか貸してくれたのです。その金額はそれ程大きくなかったので貸してくれたのだと思いますが、出来れば信用が無くならないうちに返しておきたいところです。

お金が足りない状態に陥ってしまうのは、私の会社の給与が少ないからなのですが、新しい仕事に移ろうかと思っても、辞職願いを出して、就職活動に入ったとして何ヶ月も新しい仕事が見つからないという可能性もあります。そうなってくると全ての支払いが困難な状態になり、生活することが出来なくなってしまいます。

なので、現状を維持することがベストな方法になってしまいます。そして、もう一つ考えているのは、仕事の休みの日に日雇い労働をすることです。これなら、現在の仕事を継続させつつ収入を増やすことが可能になります。このあたりを調べるために、ハローワークに行って情報を集めていますが、私の状況でも簡単に採用してくれる企業はあるようなのです。


中学校の制服を購入するためにキャッシング


我が家には今度中学生になる娘がいます。これから色々と購入をするためにお金が必要ですが、まずは中学校の制服の採寸が待っています。

そこで、最初に必要となるのが制服の注文代金となりますが、そのお金がこれまでの私の稼ぎではあまり貯めることができなかったのですが、そのことを旦那にいえなくてでも、制服の代金は採寸の日でもある翌日午後に必要だということを知りかなり焦りました。

そこで、過去にキャッシングをしていたこともありその後利用することがないようにと解約をしていたキャッシングを再び申し込みをすることにしました。どこのキャッシング会社が今一番人気なのか・借り易いのか・金利はなど色々と調べてネットで申し込みをして、すぐに借り入れが出来るように無人契約機でカードを発行してもらう方法を選びました。

そうすれば、前日申し込みをして審査をして通れば翌日午前中に無人契約機に行ってカードを発行してお金を借りてから、自宅に居る娘と共に採寸会場に向かえばいいと思いました。申し込みと審査・必要書類の提出は自宅パソコンやスマートフォンでも出来るので、便利でした。

初めての借り入れだったので、審査もすぐに通りカード発行の連絡がありましたので翌日にドキドキしながら無人契約機に出向きカードを発行してもらい、借り入れをして費用を支払うことが出来ました。


金銭トラブルで壊れた友人関係


友人との金銭トラブルなどは自分には全く縁がない物だと思っていました。以前勤めていた会社の先輩(男性)が会社を興した際に、しばらく手伝って貰えないかと言われました。いわゆるベンチャー企業で、話上手な先輩はあちこちから融資を受けたり投資を受けたりして起業当初はきちんと社員に給料も払えており、アルバイトの私もボーナスを受け取ったりしていました。

ところが、手を広げすぎた為なのか状況は一変。給与は勿論の事、各所への支払いも滞るようになり先輩自身の持ち出しも底を尽き始め、そのころからあちこちに借金を頼むようになりました。私が貸したのは50万円。毎月5万円ずつ払うから、という口約束のみでした。

今思えばきっちり借用書をとっておくべきでした。返済して貰えたのは四ヶ月のみ。つまり20万円。その後は逃げるように会社をたたみ、連絡も取れないようになってしまいました。自宅も知っていましたしが、家族ぐるみの付き合いだったので押しかけるような真似もできず奥さんと子供たちのために、と半年ほどは沈黙を守っていましたが、電話に出ない、もちろんメールの返信もない、というあまりの誠意のなさに怒り心頭。

ついに奥さんに連絡を取り事情を話す事になりました。奥さんの電話に出た先輩は、必ず返すからもう少し待って欲しい。と平謝り。子供の学費に使った、自宅ももうすぐ処分しないといけないし、あちこちからの取立てがすごくて外にも出られない、と泣きつかれたら、もうそれ以上何もいえなくなってしまいました。

あれから・・・何と5年もの月日が流れました。もちろん先輩から連絡が来ることもなく、もうすっかり諦めていますが、友人とのお金の貸し借りは絶対にしない!と言っていた親友の言葉が身にしみます。

ヤミ金逃れる方法

Comments are closed.